【沖縄のリーフ】イシミーバイをルアーで釣るための意識やポイント


マジムン

どーも。マジムンです。

今回は僕なりの「リーフでイシミーバイを釣るポイント」について解説していきたいと思います。

これから

  • イシミーバイをルアーで釣ってみたい!
  • マジムンの釣り方も参考にしてみたい(笑)

など、初心者、中級者にとってミーバイを釣る選択肢の幅が広がれば幸いです。

マジムンとは?
ルアー釣り歴3年の弱小ルアーマン。主にライトゲームを主流に沖縄でルアー釣りを楽しんでいます。

ミーバイの魅力とは?

根魚なのでいる場所にルアーを投げれば釣れやすい。

回遊魚を狙時は朝まずめ、夕まず目と時合をそこま考えなくてはいけません。

しかし僕は朝まずめや夕まず目を狙って釣りができません…

マジムン

回遊魚と違って、地合いを考えず気軽に遊べるミーバイは重宝していますw

まずはフィッシングギャングの動画を参考に笑

はい、まずはフィッシングギャングの動画を見てください。

終了(笑)

僕が初めてミーバイを釣るのに参考にした動画です。

河川でハタ系を釣るのはフィッシングギャングを見れば完了です。

この動画を見て知ってほしいことは

  • 意外とでフォルムのデカイルアーでも食う
  • 根に潜る習性があるので、ごりまき必須

ということです。

マジムン

この動画で得た知識+僕なりの考えでリーフでハタ系を釣るポイントを解説していきたいと思います。

ミーバイ根魚は根に潜るということを知る

ハタ系(根魚)は根に潜る習性があります。

根に潜るとはどういうこと?
エサを加えた瞬間、身を守るために岩の間に潜りエラを立てて、岩の間から出てきません。

この時、リーフだとPEラインはスパッとラインが切れる恐れがあります。

根に潜るという習性を理解すれば

ラインを出られないようにして根に潜られないようにする
底を攻めたり、岩に当たることが多いのでリーダーは長めに設定しましょう。

ガイドにリーダーの結束部分が入らないぐらいギリギリの長さが理想。

リーダーを太くするとこで根に潜られたとしても、回収率を上げる
れが一番重要。安いスプーン(\500)やワームがおすすめw

ブルスコ(\1200)で攻め根に潜られると泣けるw

ラインが緩むと感度が悪くなり、根に入られる確率が高くなるので、なるべくラインは張るように意識する。
潜られないようになるべくロッドを高く上げラインを張る。ロッドを低くするとラインが緩みやすく、根に潜られるチャンスを与えてしまう。
個人的にリーフは飛距離が必要なので強さと飛距離はバランスが重要なのかな?

自分のできる範囲でハタ用に対策をしておきましょう。上記以外に自分なりのプラスアルファを付け足してみてください^^

マジムン

マジムンなりの重要ポイントは「ラインになるべくテンションを張る」ということです。

あたりの感覚も分かりやすいですし、根に潜られづらくなります。

ラインがたるむと当たりが分かりづらくなり、根に潜られる可能性大。

マジムンなりのリーフでミーバイを釣る攻め方

■・・・・リーフ
深・・・・深場

これでリーフのイメージできますかね?笑

■■■■■■■■■①深■■■■■
■②深深■■■深深■■■■■
■■■■■■■■■深深■■■■■
③深深深深深深深深深

主に「①~③深」の所に投げて、岩に張り付いているミーバイと飛びつかせるようなイメージで誘います。

水位が30~50センチぐらいなら表層ただ巻です。

ただ、感覚的に深すぎると沈めてあげなければいけません。底から30CM~50CMぐらいにルアーがあるイメージです。

リーフのイメージ①

■■深深■■
■■深深■■
■■深深■■
■■深深■■

根がかりを絶対にしたくないのなら、このような場所【深】を探して

  • ただ巻
  • リフトアンドフォール

と攻めていきます。

マジムン

初めのうちは根がかかりしない場所を探して、ルアーを投げるようにすると◎

リーフのイメージ②

■■■■■■■■■
■深深深■■
■■■■■■■■

リーフ囲まれた真ん中に水深がある場合、PEラインが岩に擦れないようルアーを【深】の場所に落とします。

ただ、根がかりを覚悟で投げます。ルアーも安い物に変更。

マジムン

一匹も釣れず、このまま帰りたくないって時にこのようなポイントを攻めますw

リーフのイメージ②

■■■■■■■■
■深深深■■
■■■■■■■■
深深深深 ←このへんでルアーを沈める
深深深深

ルアーを巻いている時の距離感が分かっていれば、根の手前の深場に落としたりします。

そうすることで根係を回避しながら釣果UPにつながります。

マジムン

距離があると落とす場所が分かりづらい。近場でこのような地形があったらルアーの位置を把握しながら沈めます。

【番外編】水深があるリーフのイメージ④

深深深
深深深
深深深

水深が2m~3m以上ある場合は根が下にあります。

上を向いているミーバーイがいそうな時は、テンションを張りながらリフトアンドフォールをします。

マジムン

底から20~50cmぐらいの間でルアーを上げて、下げてヒラヒラさせるイメージ。

マジムン

水深が深く、下に根がある場合は、リフトアンドフォールで底を攻める感じでやれば、釣果は上がると思います。

潮はどのタイミングがベスト


個人的には潮が引いた時の、潮どまりの時が釣りがしやすい。

潮の流れが強い所は

  • ルアーがイメージと違う流され方をして根がかかりをしたり
  • ラインにテンションが張りづらく、糸のたるみをなくすために巻いていたら「釣れていた!」けど、根に潜られてロスト…

なんていうのもあります。

マジムン

その場所の「リーフの地形+潮」釣りのやりやすさは変わるので一概には言えませんが、潮の流れがなく、潮だまりスポットのような所が初めはやりやすいかと思います。

ツイッターでミーバイの釣り方について聞いてみた。

僕だけの主観では微妙なので、ツイッターで沖縄のアングラーさんにミーバイの釣り方を聞いてみました。

リーフでミーバイを釣るのにおすすめのルアー

まとめ

  • 要害物を回避しながらミーバーイがいるポイントにルアーを落とすことが重要
  • ぎりぎりを攻めるときは安いスプーンかワームを使う。
  • 初めての人は潮だまりスポットで感覚を身につけるのがおすすめ
  • なるべくラインはテンションを張るように意識する。
  • 根がかかりはある程度覚悟する笑

基本的、地形を把握してどの程度リスクを負うのか?
(根がかかり、根ずれ)

リスクを考えたうえで

  • 攻めるポイントなのか?
  • 攻めてはいけないポイントなのか?
  • チャレンジする時なのか?

判断しながら、テンポよくポイントにルアー投げれば、釣果UPするものだと考えています!!

マジムン

はじめての人ならリーフの内側で潮の影響を受けない所を探して、ルアーを投げてみるとやりやすいでしょう。

中級者の人にとっては何か参考になることがあればいいのですが・・・汗

マジムン愛用タックル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です