今帰仁海辺のキャンプ場は最高でした!雰囲気がわかる動画あり。

今帰仁海辺のキャンプ場

マジムン

どーも、マジムンです。
2019年2月17日に今帰仁キャンプ場に行きました。

※キャンプ名が「今帰仁キャンプ場」から「今帰仁海辺のキャンプ場」に変更になりました。

このキャンプ場を選んだ理由は、目の間が海でロケーションが素晴らしく、芝生の上にテントを立てることができるから。

僕が持っているテントは「パップフーテント」といって砂浜の上だと設営しにくいです。でも、ここなら海も見れて、設営もしやすく最高でした。

それでは、どんなキャンプ場だったのか?解説していきます!

今帰仁キャンプ場の動画


マジムン

最高な場所でした。天気が悪かったのが残念…みんなのキャンプ道具もパワーアップしていて楽しかった!参加メンバーはからも「また来たいね」「個人でも来ようかな?」と、評価が高かった。

知り合いのミケさんの動画も紹介

マジムン

知り合いのミケさんの動画も紹介しておきますね♪

今帰仁キャンプ場の場所

〒905-0412 沖縄県国頭郡今帰仁村湧川590−1

マジムン

那覇から2時間ぐらいでしょうか?ドライブを楽しみながらキャンプ場へ向かいましょう♪買い物は名護のマックスバリューがおすすめ^^

今帰仁キャンプ場の料金は?


マジムン

HPを見ても料金が探せなくて困りますよね(汗)キャンプ場のページクリックしても見れないし…
みんな料金のことを知りたいだろうなと思ったので、写真を撮っておきました。

どんなキャンプ場の特徴

今帰仁キャンプ場はどんな所だったのかポイントを解説しますね。

ファミリー・カップル向け

子供がいる家族なら大満足すること間違いなし。

僕たちのほかにも、外人ファミリーいました。子供たちは釣りをしたり、走り回ったり、と大はしゃぎ!

子供から元気をもらえました。

また、設備も十分整っているのでカップルでも安心です。

釣りはどうだった?


ルアー釣りより、餌釣りがおすすめです。

アメリカ人ファミリーは、エサ釣りで一匹釣っていました。

船を借りて深いところまでいけば、魚影は濃そうな感じがあります。

橋の所にベイトが溜まっていたので、時合しだいでフィッシュイーターはいるかもしれません。

マジムン

ルアーでは釣れる気がしませんでした…ボートを借りて深場にいけばチャンスがあるかもしれません。

遊べるレンタル道具が豊富

2馬力ボート、カヤック、釣りセットのレンタルができて、ワルミ海峡遊覧とアクティビティもある。

手ぶらで釣りが楽しめるので、荷物を少なくしたい人、道具がない人、とかにいいですね。

また、2馬力ボートが借りれる所はここだけではないでしょうか?

2馬力ボートで遊びたかったのですが、その時はあいにくの雨…2馬力ボートのレンタルはしませんでした。

次にくる際は2馬力ボートを借りて釣りを楽しみたいな。

管理人が気さくで良い

管理人が喋りやすくて良い人でした。

関西の人なのか?「女っけないな笑」って突っ込まれたり、キャンプ場についていろいろと教えてくれました。

マジムン

ここなら女性も誘いやすいし、次は女友達を連れてくるぞい!!

微妙だった点

一応、微妙だとおもった点を2つ紹介します。

1区画1テント

ネイチャー未来館は1区画2000円で、区画内ならテントを何個も張ってもOKでした。

3つテントを張っても2000円という感じです。

ここはネイチャー未来館と違って区画の区切りがなくて、1テント1500円。

3名×1500=で4500円。

一人用のテントを複数張る場合は、このような料金になります。

家族用の5~6名のテント一つなら1500円なのでお得です。

ネイチャー未来館と一緒の感じかな?と勘違いしていた僕が悪いんですけどね…

場所によってはトイレが近くにある

テントを張る区画の近くにトイレがあります。夜トイレに行くとき気をつかうなーっと。

それと、トイレが近すぎる場所の区画はちょっと借りたくないですね。

今帰仁キャンプ場の写真集

マジムン

ミケさんから今帰仁キャンプ場の素材を貰ったので紹介♪


まとめ

ロケーション、設備と文句のないキャンプ場です。ここは絶対にまた来ます。

微妙な点も紹介しましたが、それを上回るほどのロケーション、アクティビティが充実しているので、マジムン一押しのキャンプ場です。

車中泊でも使えますしね。

カップル、ファミリー、女性、ソロと幅広い人が遊べる場所なので、ぜひ今帰仁キャンプ場を楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です